グループウェアの有用性|企業の業務をサポートするシステム

連絡手段と業務効率

ミーティング

主流とされる連絡手段

企業内における連絡手段というのは、業務の効率に関わる重要な要素です。連絡手段が非効率的なものであれば、それに伴って業務効率も悪くなってしまうでしょう。企業における社内連絡手段の主流というのは、電子メールです。電子メールであれば、社内だけでなく外出中の従業員に対してもメッセージを送ることができます。この連絡手段は便利ではありますが、デメリットとなる要素も兼ね備えているのです。そのデメリットというのは、文字入力と返信待ち時間等によるタイムロスになります。この電子メールは言わば、紙媒体である手紙を電子化したようなもので、企業で利用する際には題名・挨拶文といった定型文に加え本題を記載しなければなりません。そうなってくると、入力しなければならない文字数は必要以上に多くなってしまうのです。また、メッセージを送信したとしても相手がそのメッセージを呼んだのか、いつ返信が来るのかを把握することはできないでしょう。そういったタイムロスというのは、一日の内約1時間半から2時間発生していると言われています。そのタイムロスを削減することができれば、業務効率を大幅に向上させることができるでしょう。

画期的なツールの登場

近年では、電子メールによるタイムロスを削減することのできる画期的な連絡手段として「グループウェア」と呼ばれるツールが多くの企業に注目されるようになりました。グループウェアというのはチャットツールを企業向けに改良したもので、企業に導入した際には様々なメリットを得ることができるでしょう。企業がグループウェアを導入した際に得られるメリットというのは、まずリアルタイム性のあるコミュニケーションの実現にあります。グループウェアはチャットツールですので、そのメッセージ送信形式というのはチャット形式によるものになります。チャット形式の場合、電子メールのような文章形式の連絡手段とは異なり短文でのやり取りが主流となるのです。そのため、挨拶文等の定型文を入力する必要が無く、会話のようなリアルタイム性のあるコミュニケーションを実現することが可能となっています。

グループウェアのメリット

グループウェアのメリットというのは、それだけではありません。グループウェアには企業内で活用することのできる様々な機能が備え付けられており、その機能を最大限に利用することで更なる業務効率の向上を期待することも可能です。それら全てのメリットについて考える時、このツールを導入した際に得られる最大のメリットが業務効率の向上にあることがよく分かるでしょう。つまり、グループウェアというのは電子メール利用時に発生していたタイムロスの削減を含め、企業で利用することを想定した様々な機能が備え付けられている画期的な連絡ツールなのです。

最適な作図ソフト

PC

作業の効率化を考える時、最適な道具の使用というのは必須の要素となるでしょう。電気申請図面の作図についても同じで、その作図を行なう際には電気CADの使用が最適なのです。電気CADであれば、簡単操作且つ短時間で高品質な図面を作図可能です。

もっと読む

経営の新指標

パソコンを使う人

モチベーションインデックスというのは経営における新指標のことで、組織評価を重要視しています。しかし、その真の活用は短サイクルによる組織診断サーベイによる成果指標の決定にあるのです。

もっと読む

会計システムの導入

計算

企業が会計システムを導入する際には、導入する目的を明確にしておく必要があります。財務会計を目的としているのであれば、財務会計に活用できる機能を多く備えた会計システムを選ぶ必要があるでしょう。

もっと読む